サイトメニュー

男性

子供も発症する病気

大人がうつ病を発症するのはよく聞くことですが、実は子供もうつ病は発症します。しかし子供の場合は大人地症状が違います。子供にも落ち込みが激しくなる症状はありますが、それ以上に癇癪を持ちやすくなるのが特徴的です。

詳しく見る

ハート

放置せずにしっかり治療

うつ病は何をやってもやる気が起きないなど様々な症状が現れる病気です。早期に治療を受けることで早期に改善を図ることが出来ます。電話や申し込みフォームから事前に予約をしておくことでスムーズに診察してもらうことが出来るので予約をしておきましょう。

詳しく見る

レディ

眠れない悩みを放置しない

うつ病の症状には色々な種類がありますが、眠れないというのもその中のひとつです。眠れないという日が続く時には病院を受診して診察を受けましょう。その際には不要な診察代がかからないようにするいくつかの工夫があります。

詳しく見る

根性で病気は治らない

女性

負の感情を意識的に排除

うつ病を発症した場合の症状として、顕著に現れるのは意欲の低下です。楽しい、嬉しい、何かをしたいといった感情が薄れていき、日常において気分が低下している状態が2週間以上続きます。今までは明るく社交的だった人が、急に付き合いが悪くなったり、元気がなくなったりした時は注意が必要です。また、精神面の異常がさらに悪化すると、胃痛や吐き気、不眠などの身体的症状も現れ始めます。うつ病のタイプには大きく分けて2種類あります。先に述べた意欲の低下、いわゆる抑うつ状態のみが長期間続くタイプと、抑うつ状態に加えて異常に元気になる躁状態が交互に現れるタイプです。後者はうつ病の中でも双極性障害と呼ばれ、躁状態の時はとても元気そうに見えますし、本人も元気だと感じているのが厄介なところです。うつ病は心が疲れて常に元気がない状態だという固定概念を持っている人が多く、躁状態を見ることで「うつじゃない」と判断し、放置されてしまうことが多いからです。うつ病を発症させる大きな要因はストレスと言われています。そして、うつになりやすい人は、ストレスに弱かったり、我慢しすぎたりしてしまう性格であることが多いです。意欲の低下や感情の起伏が激しいなど心の症状が出ていても、本人はなかなか異常であると認識できません。周囲の人が異変に気付き、話を聞いたり医療機関への受診を促したりするなど、アクションを起こしてあげることで病気の悪化を防ぐことにもつながります。また、自分自身でも心が晴れない状態が2週間近く続いていたら、心のケアを行なうよう注意する必要があります。「うつ病」をインターネットで検索すると、次の候補に「甘え」と出るほど、うつ病の恐ろしさについては認識が低いのが現状です。うつ病の知識をあまり持っていない人が闘病中の人の生活を見ると、見方によっては甘えているように見える部分もあります。しかし、本人の身体や精神状態は病名がつくほど苦しい状態だということを念頭に置いて接しないと、症状を悪化させたり、負担をかけてしまったりする可能性があります。うつ病を発症すると、多くの患者は長時間横になっていて、物事を行なうのに時間を要します。うつ状態を経験したことのない人にとっては「なぜそんなこともできないのか」と疑問に感じるかもしれません。やりたくないだけなのではないか、面倒くさいだけなのではないかと疑心暗鬼になる人も少なからず存在するでしょう。しかし、本人の身体には異常な倦怠感があり、心が拒否反応を起こしています。そして、その症状に必死に立ち向かっているのを理解してあげなければなりません。うつ病のメカニズムはまだまだ解明されていませんが、発症にはストレスが大きく関わっていると考えられています。真面目で責任感が強く、頑張りすぎてしまった人が、頑張れない症状と戦っているのです。ですので、頑張ることを強要したり、プレッシャーをかけたりしないよう、周囲の人は配慮しましょう。また、当事者になってしまった人は頑張れないことを悲観しないように気をつけましょう。今まで耐えたのだから、今は心の長期休暇が来たのだと考えて、焦らないようにするといいでしょう。根性で治る病気はありませんが、焦りや不安は病気を招きます。自分を苦しめる感情を、意識的に切り離すと心も楽になると思われます。